生活スタイルやご希望の部位に合わせて最適な施術プランをご提案します。

Q&A

豊胸術のすべてTOP > Q&A検索 > 詳細

無料メール相談 無料カウンセリング予約
[74]お電話でご相談の方

[150]脂肪幹細胞移植豊胸術を考えています。

Q成長期にダイエットをした為、胸がぜんぜんありません。18歳の時、大胸筋下に食塩バックを入れ、硬くなった為、再度入れなおし、それでも硬くなったので、乳腺下に糖が含まれている(名前は忘れました)バックを入れていますが、胸の内側がぼこぼこして目立ち、また触るとバックのボコボコが分かります。
再度、大胸筋下にシリコンバック等を入れても、硬くなってしまうのではないかと思います。
私の場合、最終的な方法として脂肪幹細胞を使った手術しかないのでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。


A  鎌倉 達郎 医師

脂肪幹細胞移植をお考えとのことですね。
現在バッグが入っている方の場合、取り出しの手術を行ってから脂肪幹細胞移植の手術を行いますが、最低でも3ヶ月、実際には半年程度期間をあける必要があります。

これはせっかく移植する脂肪幹細胞の定着の問題やバッグが入っているスペースが落ち着く必要があるからです。

もし、脂肪幹細胞移植でご検討の場合にはまずは注入するのに十分なだけの皮下脂肪があるかどうか、また、それ以外でバッグの凹凸を目立たなくさせるために他に方法はないかを診察させていただいた上で、検討いたします。



このQ&Aに関連する診療内容はこちら

[117]検索結果一覧に戻る
[134]豊胸術のすべてTOPに戻る


無料メール相談 無料カウンセリング予約

0120-922-079【受付】9:30〜20:30
0120(773)566【受付】20:30〜23:00(新規ご予約のみ)

[110]お友達にこのサイトを紹介

関連サイト | プライバシーポリシー | サイトマップ

聖心美容外科オフィシャルサイト

東京 | 札幌 | 大宮 |横浜 |
ブレッツァ聖心美容クリニック
名古屋 | 大阪 | 広島 | 福岡
このページのトップへ


copyright(C)2010
Mediclude Co.,Ltd.
All Rights Reserved.
Produced by Mediclude Co.,Ltd.