生活スタイルやご希望の部位に合わせて最適な施術プランをご提案します。

Q&A

豊胸術のすべてTOP > Q&A検索 > 詳細

無料メール相談 無料カウンセリング予約
[74]お電話でご相談の方

[150]脂肪注入と脂肪幹細胞移植について

Q脂肪注入または、脂肪幹細胞移植による豊胸を考えています。脂肪注入の場合、胸に入れた後の細胞が硬くなってしこりになってしまうと言う話を聞いた事があるのですが本当なのでしょうか?


A  伊藤 康平 医師

脂肪注入では、手術の方法によっては、確かに硬いしこりが残ることがあります。通常片側の胸に入れることができる脂肪の量は、約200mlになります。この量をオーバーして無理に脂肪を注入すると、かなりの確率でしこりをつくってしまいます。逆にこの量を守れば、しこりができることはまずありません。

通常の脂肪注入では、最終的に残る脂肪の量が30〜50%程度になります。脂肪幹細胞移植では、通常の倍の量の脂肪を採取し、幹細胞を抽出してから注入しますので
残る脂肪の量を80〜90%まで高めることができます。さらに、脂肪の生着率を上げることにより、しこりができる確率を格段に低くすることができます。
なぜなら、生着しなかった脂肪が、しこりの元になるからです。



このQ&Aに関連する診療内容はこちら

[117]検索結果一覧に戻る
[134]豊胸術のすべてTOPに戻る


無料メール相談 無料カウンセリング予約

0120-922-079【受付】9:30〜20:30
0120(773)566【受付】20:30〜23:00(新規ご予約のみ)

[110]お友達にこのサイトを紹介

関連サイト | プライバシーポリシー | サイトマップ

聖心美容外科オフィシャルサイト

東京 | 札幌 | 大宮 |横浜 |
ブレッツァ聖心美容クリニック
名古屋 | 大阪 | 広島 | 福岡
このページのトップへ


copyright(C)2010
Mediclude Co.,Ltd.
All Rights Reserved.
Produced by Mediclude Co.,Ltd.