豊胸術で理想のバストに

Q&A詳細

Q&A詳細

脂肪注入と脂肪幹細胞移植について

脂肪注入または、脂肪幹細胞移植による豊胸を考えています。脂肪注入の場合、胸に入れた後の細胞が硬くなってしこりになってしまうと言う話を聞いた事があるのですが本当なのでしょうか?
ドクターからの回答
 伊藤 康平 医師
脂肪注入では、手術の方法によっては、確かに硬いしこりが残ることがあります。通常片側の胸に入れることができる脂肪の量は、約200mlになります。この量をオーバーして無理に脂肪を注入すると、かなりの確率でしこりをつくってしまいます。逆にこの量を守れば、しこりができることはまずありません。

通常の脂肪注入では、最終的に残る脂肪の量が30〜50%程度になります。脂肪幹細胞移植では、通常の倍の量の脂肪を採取し、幹細胞を抽出してから注入しますので
残る脂肪の量を80〜90%まで高めることができます。さらに、脂肪の生着率を上げることにより、しこりができる確率を格段に低くすることができます。
なぜなら、生着しなかった脂肪が、しこりの元になるからです。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、費用等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問い合わせ下さい。

検索結果一覧に戻る

Q&Aとあわせてチェックしておきたい
  • 症例写真検索はコチラ
無料メール相談
無料カウンセリング予約

全国共通フリーコール  ※受付カウンセラー直通

  • 0120-977-115【受付時間】9:30〜20:00
  • 0120-773-566【受付時間】20:00〜23:00
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
全国共通フリーコール
受付カウンセラー直通 0120-977-115 【受付時間】9:30〜20:00
夜間は新規ご予約のみとなります 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00
  • 聖心美容クリニックの5つの約束
  • クリニックのご紹介
  • ドクターのご紹介
  • 豊胸術 他院修正
  • 安心の保障制度
  • 24時間緊急サポート
  • 症例写真
  • Q&A
携帯サイト
当サイトは携帯対応です。
右記からアクセスしてください。
携帯サイトコード
  • バストのお悩みのすべて
.