豊胸術で理想のバストに

Q&A詳細

Q&A詳細

ファクスフォアダンス症で悩んでいます。

中学生からずっと乳輪の化膿を繰り返しています。皮膚科でフォクスフォアダイス症と診断されました。乳腺でも見ていただきましたが乳がんの心配もありませんでした。
長期に渡って繰り返しているためか乳輪の大きさ、小さいポツポツがとても気になります。今は常に乳輪が赤みを帯び腫れぼったい状態です。一度レーザーで治療してもらいましたがまったく効果がありません。
根治手術、乳輪縮小を一緒にしてほしいのですが、どこにいったらいいのかわかりません。どうしたらいいのでしょうか。
ドクターからの回答
 西田 真 医師
フォクスフォアダイス症は、アポクリン汗腺の閉塞により、丘疹および激烈な痒感を認めます。「症状・症候」から「診断」は比較的容易ですが、難治性です。一度レーザー治療してもすぐに治るものではありません。
根治手術はアポクリン汗腺を取り除くことです。しかし乳輪のアポクリン汗腺を取り除くことはできません。 そのため治療は、レーザー・内服薬・外用剤などになります。また当院ではフォックスフォアダイス症の治療を行っておりません。フォックスフォアダイス症の治療に関しては、お近くの皮膚科で相談をお願いします。
乳輪縮小術に関しては当院で治療可能です。まずは乳輪の状態を診察にいらっしゃってください。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、費用等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問い合わせ下さい。

検索結果一覧に戻る

Q&Aとあわせてチェックしておきたい
  • 症例写真検索はコチラ
無料メール相談
無料カウンセリング予約

全国共通フリーコール  ※受付カウンセラー直通

  • 0120-977-115【受付時間】9:30〜20:00
  • 0120-773-566【受付時間】20:00〜23:00
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
全国共通フリーコール
受付カウンセラー直通 0120-977-115 【受付時間】9:30〜20:00
夜間は新規ご予約のみとなります 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00
  • 聖心美容クリニックの5つの約束
  • クリニックのご紹介
  • ドクターのご紹介
  • 豊胸術 他院修正
  • 安心の保障制度
  • 24時間緊急サポート
  • 症例写真
  • Q&A
携帯サイト
当サイトは携帯対応です。
右記からアクセスしてください。
携帯サイトコード
  • バストのお悩みのすべて
.